ブログ

ポットチェンジ完了!

毎年のことですが、二月の中旬にポットチェンジが始まり、そして終わりました。ポットチェンジというのは、溶解炉の中にあるポット(ガラスを入れておくるつぼ)を交換することで、ガラス溶解炉では欠かせないメンテナンスです。

ガラスの溶解炉は、使わないときでもずっと1000℃以上を保っていなければいけないのですが、同じポットをずっと使っていると、ガラスの浸食によってだんだん溶けて薄くなっていき、いつかは穴が開いてしまいます。いざ穴が開いてガラスが漏れ出すまで、交換せずにがんばるガラス作家さんもいるのですが、それだと制作などの予定が立たなくて怖いので、うちでは決まった時期にしています。

メンテナンスでは、溶解炉の前の扉をがばっと開いて、(断熱材やコンクリートの塊が置いてあるのでそれを外す)中のポットを取り出し、周りにこぼれて溶けたりしたガラスをはつったり(これが大変!)、バーナー口の耐火材を新しく詰めなおしたりして掃除をしてから、新しいポットを入れます。うちの工房には、通常コバルトと緑のガラスが溶けている小さい色つぼも二つあるので、それも入れ替えます。

すべてキレイになったら、もう一度コンクリートの扉を置いて、断熱材を詰めたり塗ったりしてふたをします。

そして点火!最初は種火が消えたりしやすいので、空気と燃料の比率を調整しながらバーナーの炎が落ち着くのを見守ります。昨日の夕方から火を点けて、20時間ほどたった今は860℃、キープもしながら三日ほどかけて、ゆっくり温度を上げます。そしてガラスの原料を投入して完了です。

ガラスを始めてから、取材などで「どうして吹きガラスを?」と聞かれることが多く、いろんな理由があるような気がして、うまく一言で答えられなかったのですが、最近「カマのある生活が好きだからですかね~」と答えることが多いです。
実際、夜もずっとブロワーのモーター音が響き、常に1000℃以上の熱を持っている溶解炉はパワースポットのようで、私は大好きなのです。
というわけで、いまやっと溶解炉の火が戻ってきて、また働かないといけないにしても、わりとホクホクしています。

ハセガワヨウコ

オマケ。
火を消す前、ガラスを掻い出す時の装い。横にあるでかいお玉でガラスをすくって出す、すごく熱い作業だからこんななのですが、不必要に迫力あり。


第8回 海辺の手しごと市

待っててくれたみなさま(もしいるとしたら!)すみません!!

今年も海辺の手しごと市の出店の募集を始めます☆

いつのまにかもう八回目・・・早いものですね。

内容もいつもと一緒ですが、一応もう一度ここに書きます。

  • 2019年5月3日(金)10:00~17:00 5月4日(土)10:00~16:00
  • 場所:ワタリグラススタジオ敷地(屋外)
  • 参加資格:工芸品、雑貨、食品など、自分で作っている方。
  • 募集店舗数:約20店舗。
  • 出店料:食品/1店舗 3,000円  その他/1店舗 2,000円
  • 出店スペース:約2m×2m(テントは持ち込み)
  • 申込締切:3月15日
  • *出店希望者が多いときには、選考させていただく場合があります。
  • *一日のみの出店もできます。(出店料は同じ)

5月の気持ちの良い日に、しゃべって作って食べて、楽しもうぜ!というイベントです。晴れるといいなあ!

出店希望の方はこの下の申込書を書いて、ファックスで送ってください!
よろしくお願いいたします。

tel, fax / 0776-88-2025


ウェブサイトリニューアルしました。

実はウェブサイトをリニューアルしていたのです。

ずーっと懸案事項だったウェブサイト。今回の、ワタリグラスのいろいろなアップデート(それについてはまた詳しく!)に伴い、GOOD MORNINGさんに作ってもらいました。

有能で優しいGOOD MORNINGさんを、待たせて待たせて、頼りまくってついに出来上がりました。文章なども、より伝わりやすいように書き直したりしましたが、一番の推しは動くカラスです。

もちろん、全体にもすごくまとまって、見やすいサイトになっています!

これを機に、ブログやインスタグラムなど、(苦手な)投稿を真面目に行っていく所存でございます。みなさまどうぞ暖かいプレッシャーのほうをよろしくお願いいたします。

ハセガワヨウコ